BLOG

屋根のカバーリング工法 の手引き

2022/08/09

屋根のカバー工法の豆知識

B&bHome’sカバーリングの手引きより

 

 

屋根カバーリング工法とは
 屋根カバー工法とは、現在の屋根材の上から新たな屋根材を載せてカバーしていく屋根リフォームのことです。“屋根工事”と聞くと
 「古い屋根を壊さないといけないの?」
 「大がかりな工事になりそうで決心がつかない」
とお考えの方もいるでしょう。

現在の屋根材の上から新たな屋根材を載せてカバーしていく屋根カバー工法
 古い屋根を壊して新しい屋根を設置する「屋根葺き替え」と違い、屋根カバー工法は古い屋根の「取り壊し・撤去」はせずに新しい屋根材にすることができます。

「葺き替え」図解

「重ね葺き(カバー工法)」図解

 屋根カバー工法の具体的な手順や、メリット・デメリットを詳しく見ていきましょう。

カバー工法の実例と施工手順

 雨漏りをきっかけにお問い合わせをいただき、カバー工事でのリフォームとなりました。

カバー工法の施工手順


 

STEP1棟板金・貫板を撤去する
 屋根カバー工法で撤去するのは、屋根材のてっぺんにある「棟板金」、その棟板金の下地になる「貫板」です。めくってみるとやはり雨漏りにより貫板が濡れていました。
 このとき雪止めが設置されていれば併せて切断します。

棟板金と貫板の写真

矢印

 

STEP2防水紙を敷く
 既存の屋根材の上から、新しい防水紙を設置します。軒先から防水紙を敷くことで、屋内への雨の浸入を防ぐことが可能です。棟や谷などへは2重3重に重ね防水を強化しました。

既存屋根材に新規防水紙

矢印

 

STEP3新しい屋根材を葺く
 防水紙の上から、新しい屋根材を葺いていきます。これも軒先側からビス及び釘で留めていきます。ここで使用している屋根材はアイジー工業のスーパーガルテクトです。雨が浸入しにくいようジョイントにも工夫がされています。

防水紙の上に新しい屋根材を葺く様子

矢印

 

STEP4貫板、棟板金を設置する
 新しい貫板、棟板金の設置です。貫板は木製のものが一般的ですが、腐食しにくい樹脂製のものが選ばれることもあります。
 棟板金はガルバリウム鋼板を使用しました。

新しい貫板、棟板金の設置

矢印

 

STEP5棟板金にコーキング処理
 板金同士が重なり合う部分から水分が浸入することのないように、さらに隙間をコーキングで埋めます。