BLOG

下塗りの重要性

2019/04/19

塗装の工程で一番大切なのが『下塗り』です

今日は 下塗りの種類を簡単に説明します

塗装面に一番最初に塗る塗料を塗装します。
→上塗りの密着性を良くするために、塗装面を整える

そして長持ちす為には一番重要な作業です

 

※下地によって使う塗料が違います。又、上塗り塗料に応じても使い分けます。
種類は主にシーラー、プライマー、フィラーの3種類ですが、それぞれ特性があります。

■シーラー
下地と塗料を密着するための接着剤的な役割と塗装面の塗料の吸い吸い込みを止める役割を果たします。

■プライマー
シーラーと同じように下地と塗料を密着するための接着剤的な役割を果たします。
外壁以外では鉄部等にも使用されます。

■フィラー
下地と塗料を密着するための接着剤的な役割と塗装面の塗料の吸い吸い込みを止める役割を果たします。
粘度の高い塗料なのでパテのような効果もあります。
主にモルタル外壁材にクラックがある場合は、下地に凸凹がある場合に使用されます。

 

歴史上の今日  4月19日

 

1995年

東京外国為替市場で1アメリカ合衆国ドル|ドル=79.75円の当時としては史上最高値に達する。

 

1954年

映画『ローマの休日』が日本で封切り。

 

1951年

ダグラス・マッカーサーが軍を退役、「老兵は死なず、ただ消え去るのみ」の一節で知られる記念演説を行う。

 

1160年(承安 (日本)|承安4年3月11日 (旧暦)|3月11日)

平治の乱に敗れた源頼朝が伊豆国|伊豆に流される。