BLOG

塗料とペンキって全くの別物って 知ってますか?

2019/04/17

塗料とペンキって全くの別物って 知ってますか?

外壁塗装に使うのは、ペンキではなく塗料です。それぞれ別の物であるという点に注意しましょう。塗料=ペンキと説明しているサイトもありますが、厳密には違います。

外壁に使われる塗料にはいろいろな種類があり、価格や機能もそれぞれ異なります。年々新しい製品が販売されており、中には断熱性があるものや対候性に優れたものなど、付加機能が特徴的な製品も数多く存在しますが、それらの多くはペンキでなく塗料に分類されます。

実際に外壁塗装業者を利用した方ならご存知かと思いますが、塗料にはウレタン系やシリコン系などがあります。これらは、ペンキでなく塗料のことを指します。実際に、ほとんどの建物において外壁には塗料が使われています。

では、塗料とペンキにはどのような違いがあるのでしょうか? 外壁塗装において塗料が選ばれているということは、言い換えると「塗料の方がメリットがある」ということになります。まずは、それぞれの「意味」と「成分」の違いについて押さえておきましょう。

 

 

結論から言うと、塗料とペンキの違いは成分だけではありません。対候性・乾燥時間・コストなどにも大きな差があります。「塗料とペンキは成分と役割が違っていて、別の物である」ということを押さえておきましょう。

 

【塗料とペンキの違い】

塗料=顔料・樹脂・溶剤などを混ぜて作られたものを指します。外観を美しくするだけでなく、対象物の保護や機能を付与する役割を持ちます。

ペンキ=オイルペイントや合成樹脂調合ペイントのこと。植物油などで稀釈します。

植物油などで稀釈されたペンキに比べ、塗料には顔料・樹脂・溶剤などが含まれているため、成分が異なっています。また、塗料は美観だけでなく保護や機能を付与するため、役割的にも違いがあるのです。

 

歴史上の今日  417

 

2007年

長崎市長射殺事件。長崎駅前で、長崎市市長の伊藤一長が山口組系暴力団員に銃撃される。翌18日未明に胸部大動脈損傷等による大量出血により死亡。

 

1985年

阪神甲子園球場で行われたプロ野球、阪神タイガース - 読売ジャイアンツ戦において、ランディ・バース、掛布雅之、岡田彰布がバックスクリーン3連発を放つ

1594年(文禄3年2月27日 (旧暦)|2月27日)

豊臣秀吉が吉野の花見を開催。